村松山 虚空蔵堂とは

トップ > 村松山 虚空蔵堂とは


村松山 虚空蔵堂(むらまつさん こくうぞうどう)は、茨城県那珂郡東海村(いばらきけんなかぐんとうかいむら)にあるお寺です。
地元で「虚空蔵さん」と言えば当寺を指します。
当山は平安初期の大同2年(807)に弘法大師空海によって創建され、現在は真言宗豊山派に属しています。

「虚空蔵さん」

当時の領主である佐竹氏の保護を受け、近世には徳川家康公、そののち水戸黄門で有名な徳川光圀公の庇護のもと栄えてきました。

本尊の虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は、弘法大師さまがお刻みになったものです。

現在は、三重県伊勢の朝熊山金剛証寺、福島県柳津の霊厳山円蔵寺とともに日本三体虚空蔵尊の一つとして、十三詣りや厄除け・方位除け・出世開運を祈願する多くの参拝者をお迎えしています。


村松山 虚空蔵堂とは
ページ一覧

弘法大師「空海」さまってどんな人?
弘法大師「空海」さまってどんな人?
虚空蔵菩薩のご利益は?
虚空蔵菩薩のご利益は?
村松山虚空蔵堂の縁起
村松山虚空蔵堂の縁起