村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
年中行事
護摩祈願
十三詣り
 
文化講演会
HOME > 年間行事案内 > 十三詣り
十三詣り

 十三詣りと云えば村松虚空蔵、村松虚空蔵と云えば十三詣りと、全国に知られております 。


 生まれた年の干支(えと)が、初めて巡ってくる年(数え年の十三歳、満十二歳)に行われるのが十三詣りです。数え年の十三歳になった少年少女が、身も心も大人に成長したことに感謝するものです。この歳は男女とも人生最初の厄年であり、このとき初めて大人の寸法(本裁ち)の着物を作ってもらい、女子は「本身祝い」、男子は「元服祝い」「若衆入り」という行事を行いました。

  今から百年ほど前から盛んに行われるようになりました。智恵と福徳を備えもつ虚空蔵菩薩に「一代開運」を祈願することから、「智恵詣り」や「智恵貰い」などともいわれています。とくに、毎年四月三日の大祭の前後には、たくさんの親子が虚空蔵堂に参拝します。



Jyusan Mairi
A Prayer Visit to Kokuzo-do at the age of 13.
 
At the 13th year of age, the Chinese Calendar is supposed to begin its second cycle.This year is also supposed to be the first unlucky year of one's life. It is also an important year for 13 year old children who enter adulthood mentally and physically.In the past those children were presented formal kimonos. Girls celebrated their Coming of Age. Boys also celebrated their Coming of Age or their maturity into early manhood. Performing the 13th year visit to Kokuzo Bosatsu means to pray for those youngsters to find good fortune. This visit is also called ' A Visit of Wisdom' or 'A Visit to Acquiring Wisdom.'


ページの先頭へ