村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
村松山 虚空蔵堂とは?
村松山大満子空蔵尊の由緒
日本三体虚空蔵
年表
HOME > 村松山 虚空蔵堂とは? > 年表
年表

日本三体の一 村松山 虚空蔵堂の縁起
時代 西暦 和暦 史実
平安時代
807
大同二年
弘法大師が鎮護国家と萬民豊楽、平和祈願のため一刀三礼の礼をつくし、等身座像の虚空蔵菩薩をお刻みになり、平城天皇から「村松山神宮寺」の勅額を賜り創建となる。
鎌倉時代

南北朝
時代
 
 
この後、平安末期より安土桃山時代までの約五〇〇年の間佐竹氏が隆盛を極め、当山も又塔中寺院、円蔵寺、松林寺、歓喜寺、東光寺、竜蔵寺、竜光院等幾多の塔中を連ね多数の僧侶の養成に貢献する。
室町時代

戦国時代
1485
文明十七年
岩城常隆の兵と戦を交えることとなり、当山も戦火に遇い伽藍一切が勅額と共に焼失する。
但し、本尊と御厨子(佐竹氏一族真崎浦天神山城主真崎三郎奉納)は戦火から免れる
1487
長享元年
頭白上人が虚空蔵堂を再建し「村松山神宮寺」を改め「村松山日高寺」と称し、福徳智能、除災招福、一代開運を授ける祈願寺の根本道場として伽藍の整備がされる。
安土桃山
時代
 
 
 
江戸時代
1610
慶長十五年
徳川家康公が方五〇丁(約五・五キロ四方)朱印地五〇石を寄進。
1683
天和三年
水戸光圀公が封をつぐに及び、塔中の寺を龍蔵院、龍光院の二院を以て夫々別当とし修験道に改宗。
五所明神と虚空蔵尊を分離し堂塔伽藍を修理する。
光圀公御前仏たる虚空蔵尊を修飾する。
1686
貞享三年
光圀公自ら蓮華台に刻まれた文(一六八六年)

 常州那珂郡村松浦隷予封内、浦有虚空蔵菩薩像、
 日域三虚空蔵之一而霊応日新、然歳月之久、
 像躯朽弊矣、方今命工修飾以安置之云、
  貞享三歳次丙寅臘月穀旦、
   参議従三位兼行右近衛権中将水戸候源光圀識

その後、光圀公は更に巨額の資を献じて伽藍の美を一新させるが、佐竹氏の僧侶を嫌忌し、真言宗日高寺を廃することとなる。
江戸時代初期より明治維新までの間、当山は乱世の坂東に幾度
も兵火にあい盛衰を越えつつ、法燈は連綿として維持されてきた。
或古書の一説には、当山が慈覚大師の開基と記されているものもあるが、文献は兵火により全く焼失し、末だ定かではない。(慈覚大師は戒律の教えを最も尊重し行動的に興し、関東・東北地方の仏教開発の稀代の名僧。)
明治時代
1869
明治二年
「廃仏棄釈の令」が行われ当山も「星の宮」と改称されたがほどなく水戸藩庁役所より「村松村星ノ宮、従前之通、虚空蔵ニ御改」との命令があり、真言宗日高寺となり再び創建も弘法大師の開基と改められた。
1900
明治三十三年
門前民家からの火災により、本堂(三三〇平方メートル)仁王門(現在の大きさ)三重塔(古代美術を誇る華麗な建築様式)客殿等ことごとく焼失。しかし幸いにも本尊・御前立・鍾馗霊尊画像・霊験木などは火災から免れる。
大正時代
1917
大正六年
本堂落慶
書院再建
1924
大正十三年
長廊下再建
1925
大正十四年
鐘馗霊神堂再建
昭和時代
1926
昭和元年
仁王尊献納会より献納を受ける。
1934
昭和九年
講社より客殿寄附、奥之院多宝塔一基を寄進される。
1940
昭和十五年
奥之院参道石段、土止垣建設
1970
昭和四十五年
仁王門再建
1972
昭和四十七年
石畳参道完成
1980
昭和五十五年
大鐘楼堂再建
1983
昭和五十八年
信徒会館完成
平成時代
1998
平成十年
三重之塔再建
2007
平成十九年
創建1200年記念
2008
平成二十年
手水舎落慶
 

ページの先頭へ