村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
諸堂案内一覧
本堂
鐘楼堂
三重之塔
奥之院(多宝塔)
仁王門と尊像
安産地蔵尊
鍾馗霊神堂
開運堂
芭蕉の句碑
山村暮鳥の詩碑
本坊
晴嵐の碑
大客殿
本堂裏いわれ書
水戸八景いわれ書
出世稲荷堂
佐藤佐太郎の碑
HOME > 諸堂案内 > 本堂裏いわれ書
本堂裏いわれ書

本堂裏いわれ書

白砂青松・村松の海岸

 この東に広がる村松海岸は白砂青松の景勝地で、天保4年(1833年)水戸第九代藩主徳川斉昭(烈公)は、水戸八景の一つに選び、自筆による「村松晴嵐」の名勝碑を建てさせた。この碑は村松晴嵐の碑と呼ばれ、この階段を上り。さらに80m程行ったところにある。また、この上の奥の院のわきには、俳聖芭蕉の「埜を横に 馬引きむけよ 時烏」の句碑と、詩人山村暮鳥の「おう土よ」の詩碑が建っている。
 砂浜には、ハマボウフウやハマヒルガオ、松林の中には茸などの植物が多く自生し、野ウサギやリスなどの動物も見られる。大神宮先の砂の高台からは、美しい白い砂・緑の松・青い海を一望することができる。



ページの先頭へ