村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
諸堂案内一覧
本堂
鐘楼堂
三重之塔
奥之院(多宝塔)
仁王門と尊像
安産地蔵尊
鍾馗霊神堂
開運堂
芭蕉の句碑
山村暮鳥の詩碑
本坊
晴嵐の碑
大客殿
本堂裏いわれ書
水戸八景いわれ書
出世稲荷堂
佐藤佐太郎の碑
HOME > 諸堂案内 > 水戸八景いわれ書
水戸八景いわれ書

水戸八景いわれ書

天下の魁水戸のこころ(天保のウォークラリー)

水戸八景

 水戸八景とは、水戸徳川家九代藩主斉昭(なりあき)公が、天保4年(1833年)に領内を巡視し八つの景勝地を選定したものである。
 斉昭が、藩主を継いだ頃の世情は、決して無事安隠ではなかった。英明で覇気に富んでいた公であっても、心をわずらわすことが多かったであろうから、八景の風景は公の憂いを散らすに役だったに相違ない。しかし、八景設定の大きな目的は、藩内の子弟に八景巡りをすすめて、自然観賞と健脚鍛錬とを図ることにあったのである。当時の流行語を用いれば、正に「文武両道の修練」に資せられたもので、公の深慮の程には全く、感嘆してしまう。



ページの先頭へ