村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
諸堂案内一覧
本堂
鐘楼堂
三重之塔
奥之院(多宝塔)
仁王門と尊像
安産地蔵尊
鍾馗霊神堂
開運堂
芭蕉の句碑
山村暮鳥の詩碑
本坊
晴嵐の碑
大客殿
本堂裏いわれ書
水戸八景いわれ書
出世稲荷堂
佐藤佐太郎の碑
HOME > 諸堂案内 > 三重之塔
三重之塔 Sanjyu-no-tou(Three Storied Pagoda)

三重之塔  明治三十三年(1900)の大火で焼けた後、再興百年記念事業として、平成十年(1998)に建てられました。塔の高さが21メートル、大日如来が安置されています。
This pagoda was built after a big fire in Meiji 33(1933)to commemorate the centennial reconstruction. It was entirely made of zelkova wood and the roof was covered with copper plate. It was completed in Heisei 10 (1977). The pagoda itself is 21 meters tall and enshrines Dainichi Nyorai.
 
 




ページの先頭へ