村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
諸堂案内一覧
本堂
鐘楼堂
三重之塔
奥之院(多宝塔)
仁王門と尊像
安産地蔵尊
鍾馗霊神堂
開運堂
芭蕉の句碑
山村暮鳥の詩碑
本坊
晴嵐の碑
大客殿
本堂裏いわれ書
水戸八景いわれ書
出世稲荷堂
佐藤佐太郎の碑
HOME > 諸堂案内 > 佐藤佐太郎の碑
佐藤佐太郎の碑 Satou Satarouno-hi

佐藤佐太郎の碑
「晴れし日の砂山の上濡石はみづから濡れて膏(あぶら)のごとし」
Monument of a Japanese ditty person by Satarou Satou
On such a fine day this stone on a dune is wet; it almost seems oozing oil on the surface. Satarou Satou
 昭和43年12月この地を訪れた歌人佐藤佐太郎(芸術院会員)は「老境に近づいてこういう対象にも興味をもつようになった。石はたとえば体内から汗か脂肪でもしみ出るような状態である」といって前掲の短歌一首をつくっている。
 しかしその後石の周辺が整備された故か、石が汗をかかなくなってしまったのは残念である。
ページの先頭へ