村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
諸堂案内一覧
本堂
鐘楼堂
三重之塔
奥之院(多宝塔)
仁王門と尊像
安産地蔵尊
鍾馗霊神堂
開運堂
芭蕉の句碑
山村暮鳥の詩碑
本坊
晴嵐の碑
大客殿
本堂裏いわれ書
水戸八景いわれ書
出世稲荷堂
佐藤佐太郎の碑
HOME > 諸堂案内 > 鍾馗霊神堂
鍾馗霊神堂 Shoki-reishin-do(Temple)

【東海村指定文化財】
鍾馗霊神堂
 お堂の中には鐘馗霊神の絵馬が祀られています。延宝三年(1675)に伝染病が大流行した時、鐘馗霊神の絵を奉納したところ、大流行が治まったと伝えられ、今も多くの人が参拝しています。
Within this temple, is the image of Shoki god. As a plague spread far and wide in Empo 3(1675), a great artist Takanobu Fujiwara(1142-1205), drew a picture of a Giant Shoki and donated it to this temple hoping to dispel the plague. In response to his sincere prayer, the plague subsided. People praised the blessings of this god for a long time and named the god Gonnojyo Shoki. The Shoki god is praised even today.

ページの先頭へ